読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBAホルダーがものすごい勢いで起業する日記

30代のMBAサラリーマンです。2020年上場に向けて突き進んでいます。

freeeの30日間無料お試しに申し込んだ

f:id:river-wide:20160714061146j:plain

freeeを使い始めた

個人事業主の届出書も出したので青色申告のために会計をちゃんとやることにした。今はエクセルで管理してるんだけど限界を感じているので会計ソフトのfreeeを試してみることに。アントレプレナーとしてfreeeのビジネスモデルも知りたかったから、実際使ってみて彼らが何をやってるか勉強することも一つの目的。

アカウントを作って、銀行とカードの情報を同期して今までの収支記録をインポートすることができた。銀行のアカウントと連携するのに、銀行のパスワードを変更したりしなきゃいけなくて少し面倒だったけど、なんとか設定できた。

カードと銀行の収支履歴を取り込むと、各取引を勘定科目で仕分けができる。今後は取引が発生するたびに仕分けしていけば、会計帳簿やレポートを作ることができる。PayPalとかも連携できるようなので、paypalを取り込めれば、うちのビジネスのお金の管理が全てfreee上でできることになる。

クラウドで会計ソフトを動かすだけじゃなくて、彼らのビジネスの肝は銀行とかカードとか決済サービスと連携させることなんだろうな。これはネットでビジネスをやってる人にとっては非常に便利なんだと思う。全てデータなので自動で一瞬で集計・計算できるので経理に係る手間を格段に減らせることができる。

freeeを通してFin Techを考える

今後Fin Techが一般化するとますますクラウド会計の需要が増えると思う。今まで使う側の視点でしか見てなかったからFin Techはお金の支払い方が便利になるものだと思ってたけど、サービスを提供する側からすると資金管理が楽になるってことになんだろうな。ということは、今まで使ってきた銀行とか会計事務所とかのインフラが不要になって、クラウドで自分たちで簡単にお金の管理ができるようになる。

お金のインフラを破壊するイノベーションだって考えると、将来性のありそうなビジネスモデルだね。

こんな記事も書いてるよ!