MBAホルダーがものすごい勢いで起業する日記

30代のMBAサラリーマンです。2020年上場に向けて突き進んでいます。

零細転職エージェントをどう使うか?

30代後半の転職活動ノウハウです。

転職サイトって2パターンある。一つは求人情報を集めたサイトで、一つはエージェント経由で仕事を紹介してもらうサイト。前者はリクナビネクストとかミドルの転職とか。

next.rikunabi.com

mid-tenshoku.com

これは求人情報が色々掲載されてて、自分で求める仕事を探して、応募していく。
私は年齢的にミドルの転職を使ってます。

後者は、リクルートエージェントとかエンエージェントとか。
www.r-agent.com

enagent.com

こっちは、自分に担当のエージェントがついてくれて、自分にあった求人を紹介してくれる。

私は前者も後者も両方使っている。

ミドルの転職に掲載されている求人は、企業が直接掲載しているってことはほとんどなくて、
エージェントが自分が持っている情報を載せているケースが大半。
応募するとエージェントから連絡が来て、自分のエージェントサービスに登録するように誘導される。

ミドルの転職に掲載しているエージェントは、リクルートとかエンとかDODAとか大手もあるんだけど、
中には10人以下でやっているような零細エージェントもいる。

この零細エージェントをどう扱うかが結構問題だと思う。

エージェントとコンタクトすると、必ず電話か会って面談して下さいと言われるので、小1時間くらい時間を取られる。
大手のエージェントもここは同じなんだけど、大手は案件が豊富にあるから、一回面談したらその後毎日10件以上情報をくれる。
一方零細エージェントは、ミドルの転職に掲載している案件くらいしか持っていないので、一回あたりの面談で紹介してもらえるのは全部で1〜3件くらい。
これに同じ時間の面談をするので非常にコスパが悪い。

まあ、どのエージェントとの面談でもほとんど同じ話をするので、練習だと思えばいいんだけど、時間がない人は避けたほうがいいと思う。

あと、ミドルの転職から零細エージェント経由で応募した案件があるんだけど、エージェントの判断であなたの経歴ではここは無理です、みたいなこと言われて落とされた。その後、大手のエージェントで同じ案件の募集があって、応募したら書類が通って、面接に進むことができた。

企業に落とされるなら納得できるけど、エージェントに落とされるのは納得いかないよね。お前の勝手な判断で俺の人生の機会喪失させようとしてんじゃねーよと思った。お前は黙って企業に書類出せよ、判断すんなよ。企業も応募者もお前の判断求めてねーよ。
その点、大手エージェントはよっぽど必須条件を満たしてないとかじゃない限り、取り敢えず企業に応募してくれるっぽいので安心。

ということで、この長文で一番言いたいことは、零細エージェントの勝手な判断で落とされても、大手経由なら企業に繋いでもらえるかもしれない。諦めなくてもワンチャンあるよってことです。

転職で迷ってるおっさんたちの参考になれば嬉しいです。

こんな記事も書いてるよ!