MBAホルダーがものすごい勢いで起業する日記

30代のMBAサラリーマンです。2020年上場に向けて突き進んでいます。

今後の人生について思うこと

起業家になりたくて大企業をやめて小さな会社に転職した。小さな会社とは言え大企業からスピンアウトした世界的なブランドを持っている企業だった。ここでチャレンジングな仕事をしてイントレプレナー的な動きをして起業家への道を目指そうと思ったが、組織の壁のようなものが高すぎて挫折した。

次行く会社も元ベンチャーの超大企業なんだけど、様々な新規事業をやっていて私の仕事もその新規事業の一つなので、ここで一旗あげて事業家への道を進みたいという野望を持つようになってきた。

現在の仕事ではスタートアップの創業者や経営者に会うことがとても多く、いくつかの企業とは一緒に仕事をした。自分でビジネスコンテストに参加したりもした。本当にすごい起業家ってスキルもすごいんだけど、この事業に命をかけるってウィルもすごい。実際に起業家と付き合うようになって、自分には彼らほどのスキルもウィルもまだないなと思い至った。で、もうダメかなと諦めかけてたんだけど、まだ諦めるような時間じゃないって思うようになってきた。

f:id:river-wide:20180630194020p:plain

前の大企業にいたままならスタートアップの経営者たちと仕事する機会もなかったし、次のポジションに転職することもできなかったし、よく考えると前に進んでいる。

今は起業家の本を読みながらビジョンを掲げる大事さを学んでいます。ビジョンは捨てちゃいけない。

そんなことを考えてます。

こんな記事も書いてるよ!