MBAホルダーがものすごい勢いで起業する日記

30代のMBAサラリーマンです。2020年上場に向けて突き進んでいます。

アトピーが良くなった

アトピーが非常にひどかったんだけでぴったり治った。

 

変えたことはアレルギーを抑える薬を飲み始めたこと。

 

多分これが効いてる気がする。

 

痒みがない生活って幸せだなあ。よかった。

 

いろいろ試したけど薬が最強だね。ただ薬は対症療法で原因をなくせるわけじゃないらしく、最近は注射で体質を変える治療があるよって皮膚科に教えてもらった。

 

値段が保険込みで月3-7万円くらいで1年半続ける必要があるらしく、そんなお金ないなと思って諦めた。いつか安くなってくれたらいいな。

 

薬を飲み続けて、いつか注射の治療ができるようになりたい。また一つ目標ができてついてる。では。

レジリエンス講義ノート 不安感に対処する

不安感(anxiety):適度な不安感はモチベーションを高めてくれたりで役立つけど、多すぎると破滅感(catastrophizing)を引き起こすので良くない。

 


破滅感があるとめったに起きない、現実的でない妄想が駆け巡ってモチベーションが下がる。

 


破滅感とは?3つのスタイルに分類できる。

①Downward Spiral:悪い方向にストーリーを作っていく

②Scatter Shot(散弾銃):悪い出来事が次から次に湧いてくる

③Circling(堂々巡り):悪い考えが堂々巡りする。

 


例えば、車で事故を起こしてしまった。

①車の修理でお金がかかる。貯金がなくなる。どうしよう?

②修理でお金がかかる。借金ができる。借金のせいで仕事を失う。家族が離れていく。一人になる。もうダメだ。

③事故を起こしてしまった。お金がなくなる。事故を起こしてしまった。お金がなくなる。・・・・

 


破滅感を引き起こす要因:

①不明瞭なとき:健康診断を受けたあと、病院から話があるから来てと言われる。

 


②自分に取って大事なことのとき:好きな人にLINE送ったら既読スルーされている。

 


③恐れているシチュエーションのとき:人前でプレゼンするとか。

 


④消耗しているとき:残業続きで疲れている。

 

 

 

不安感をコントロールする方法:

 


①最悪のケースを考える

②最高のケースを考える

③現実的なケースを考える

④現実的なケースについて行動を考える

 


例:車の事故で借金ができてしまった

 


①最悪のケース

借金ができた。返せなくて露頭に迷う。家族を養えない。自殺するしかない。

 


②最高のケース

宝くじがあたって借金を返済できる

 


③現実的なケース

借金と言っても、破産するほどの額ではない。1年位返済すれば返せる。

 


④行動

返済計画を立てる。月々の返済額、ボーナスでの返済額を決める。節約する。

 


所感

不安感のコントロールは今すぐ役に立つ手法だと思う。

最悪のケースを考えてネガティブになるんじゃなくて、現実的な行動にフォーカスすればポジティブになれる。

どっちにしろ、現実は変わらないんだし。変えられるのは自分の行動だけ。

私はすぐに病みがちなので、今日から実践しようと思う。

 

メルカリの本

このメルカリの本、昨日出張だったので新幹線の中で読破してしまった。

 

かなり面白かった。なんでだろう。起業してから軌道にのるまでの流れが関係者のインタビューを元に丁寧に描かれてるからかな。

 

あとは最近の話なので記憶が新しくて、メルカリの躍進を目の前で見てるからかな。

 

この中に出てくる有名な登場人物の何人かと直接話して仕事をしたこと経験があって、私も少し近づいている気がする。前の財閥系メーカーにいたらこんな経験できなかったからな。少しこっちの世界に移動できた気がする。

 

あとはどっぷり浸かって私もプレイヤーになりたい。

 

メルカリの躍進について、PCからスマホの移行流れになったとか、使い方が簡単とか、広告宣伝の戦略が当たったとか、いろいろ言われてるんだけど、私としては出荷の手間を究極まで省いた事が1番大きな勝因だと思う。

 

昔からヤフオクでいろいろ売ってきたけど、売れるまで数日かかるし、発送費の計算めんどくさいし、それを購入者に連絡するのも面倒だし、お金振り込まれるの待つのも面倒。出荷も自分で伝票書かなきゃいけないし、発送時にお金も払わなきゃいけない。ヤフオクだと売れてから発送までこんな工程があるんだけど、メルカリはこれが全部いらない。ここら辺のサービスの作り込みにメルカリの丁寧さを感じる。アメリカでも成功してほしいな。

 

そんな感じです。では。

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

起業家好きなので起業家の本を読むと興奮する。

 

メルカリの創業から上場に至るまでの経緯が書かれた本を見つけたので購入して読み始めた。

 

メルカリの本をメルカリで買ったんだけど、かなり安く買えた。読んだあとまたメルカリで売ると実質数百円で本が読める。いい仕組みですな。

 

途中まで読んだんだけど、ここに出て来る人たちって私の少し上の世代か同世代なので刺激になる。

 

今まで読んで来た起業家の本ってだいぶ上の世代の人たちが主役ですごいなと憧れの目線で見てたんだけど、メルカリ世代の話は自分ごとに感じる。

 

起業熱が上がってきた。読み物としても楽しいし、起業へのモチベーションも上がるし、読んでよかった。

ファースト・マン

映画『ファースト・マン』公式サイト

 

レイトショーでファースト・マンを見ました。アポロ11号で始めて月の上を歩いたニール・アームストロングの伝記的な映画。

 

NASAの話ってチームで困難なミッションを成功させるって感じがいいよね。

 

アプロ13とか名作だし。最近ならインターステラーとかオデッセイとかが面白くてすきです。

 

ファースト・マンはなんかアームストロングの人生を淡々と描いてるって感じで、普通だった。面白くなくはないけど、なんかもっと期待してたのにって感じ。

 

この映画の監督はララランドの監督なんだけど、ララランドも全然面白くなかった。相性が悪いんだろうな。

 

でも映画は素晴らしいよね。いい1日を過ごせた。

レジリエンスの講義ノート 5 Thinking traps and Real-Time resilience

Courseraで受講しているレジリエンスの講義がとても役立つのメモっておきたい。
メンタル弱い人とかぜひ勉強してみるといいと思う。
www.coursera.org

私が受講しているのはペンシルベニア大学ポジティブ心理学の講座。
ペンシルベニア大学にはポジティブ心理学を作ったマーティン・セリグマン 先生がいて、ポジティブ心理学の総本山みたいな大学。
その大学の講義が格安で日本で受講できるとかいい時代になりましたな。

レジリエンスを簡単に言うと、同じ出来事を経験しても、病んでしまう人もいるし、なんとも思わない人もいる。前者は悲観的な思考をする人で、後者は楽観的な思考をする人。楽観的な思考をする人の方が、病みにくいし、仕事のパフォーマンスも高いし、病気にもなりにくい。

この思考の癖は訓練で変えることができる。悲観的な人は楽観的な思考を身につけることで、困難に強い心を育てることができるよってこと。

昨日学んだことをまとめてみる。

5 Thinking Traps

悲観的な思考には5つのタイプがある。

①Mind Reading

他人の思考を勝手に推測してしまうこと。
例えば仕事で上司に怒られたとして、「上司は多分私に失望している。次の人事で降格しようと考えているのでは?」とか勝手に推測してしまう。上司に実際聞いたわけじゃないのに。

②Me trap

勝手に自分を責める。「上司に怒られた。私はなんてダメな人間なんだ。最悪だ。生まれてこなければよかった」とか。

③Them trap

周りのせいにする。「私が上司に怒られたのは、元はと言えば同僚のあいつのミスなんだ。くそ、ムカつく。許せない。激おこぷんぷん丸」とか。

④ Catastrophizing

どんどん悪くなる方向に考えてしまう。「上司に怒られた。首になって、家のローンが支払えなくなって、家族が路頭に迷って、一家心中するしかなくなる」みたいな。

⑤Helplessness

一個の悪いことが、ほかにも伝播すると考えること。「上司に怒られた。他の仕事でも怒られそう。お客さんにも怒られそう。後輩にもバカにされそう」とか。

Real Time Resilience

5 Thinking Traps を防ぐための方法がある。

戦略1 Evidence

証拠を使って反論する。
使い方:それ(悲観的な考え)は事実じゃない、なぜなら、(証拠を提示)
「上司に怒られた。もうダメだ。でも、今回はミスしたけど、前は褒められた。人事評価だって悪くない。期待してるって言ってくれたこともあるので、あえて叱ってくれてるのかも」とか

戦略2 Reframe

見直す。
使い方:これを(悪い出来事)いい方向に捉えると、
「上司に怒られたけど、悪いところを直すチャンスだ。もっと上の役員とかに怒られる前に直せてよかった」とか

戦略3 Plan

計画。
使い方:もしXが起きたら、Yをする
「上司に怒られた、もし解雇されたら、労働組合に訴えよう。もし、関係が悪くなって部署に居づらくなったら、人事に相談して異動させてもらおう」とか。

こんな感じで、悲観的な考えが起きるパターンや対処法を知っておけば、レジリエンスを高めることができる。勉強になるね。

これだけは知っておきたいAIビジネス入門

昨日は雪が降っていたので一日中家でゴロゴロしていた。

Courseraで勉強したり本を読んだり、子供達と遊んだり。

 

最近は気になった本があったらすぐに買ったり図書館で借りたりしているので、読むべき本が常時4,5冊溜まっている。

 

この三連休にできるだけ片付けていきたい。

 

昨日読み終わったのはこちら。AIとは何かを基礎から学べました。図解されてて素人にもわかりやすい。ここからどんどん知識を深めてAIマスターになりたい。

 

ビジネス考えるのにもAIを知っとかなきゃダメだしね。とりあえず何でもAI搭載って言うしね。

 

今日も勉強しよう。では。

 

こんな記事も書いてるよ!