MBAホルダーがものすごい勢いで起業する日記

メガベンチャーのマネージャー。現在起業準備中。起業するまでの軌跡を全て残します。

起業日記:顧客のペルソナを考え始めた

テストマーケティング

サウジアラビアからの依頼

プロテインを買って送ってくれという依頼だったんだけど、食品をサウジアラビアに送ることが禁止されていることがわかったので失注。
国によって送れないものがあることがわかった。香水とかは航空便で送れないんだよね。こういうのには気をつけなければ。

大阪の夜の街の動画を撮影してくれ

パートナーの見積もりを取ると大体10,000円くらいかかってしまう。金額感を伝えたらちょっと高いということになり今回は断念するとの連絡が来た。

コミケでの買い物代行

延長料金を送金してもらえた。あとは商品到着後に輸送すれば完了。いろいろあったけどあともう少しで完了。
今回手伝ってくれた日本のパートナーの人とは今後も仕事ができるかもしれないのでいい事例となった。

事業計画

顧客のペルソナを具体的に考え始めた。日本でスキルを販売したい人と、海外から日本のスキルを買いたい人のマーケットプレイスを考えている。今はテストマーケティングとして自分が出品者で海外のお客さんと仕事をしているので、お客さんというと海外の人のイメージになっていた。

が、よく考えると、マーケットプレイスで実際にお金を払ってくれるのは日本のスキル出品者になる。だから、ペルソナとしては日本のスキル出品者を考えなきゃいけないことに改めて気づいた。

自分自身が出品者になっているので、ペルソナは自分のことを書けば良い気もする。これなら簡単。

かといって海外の購入者も考えなきゃ行けないので、とりあえず両方のペルソナを考えている。

主要スタートアップサービスの初期ユーザー獲得方法

MVP作成のための主要技術を調査している内にこんなサイトを発見した。

blog.btrax.com

どんな成功したサービスも最初の一歩は、クチコミだったり人力だったりで初めている。あまり作り込まず、仮説が検証できるプロダクトを市場で検証するのが大事。勉強になった。

起業日記:大阪の街を歩いて動画を撮って欲しいという依頼

テストマーケティング

コミケの買い物代行:

今日代理の人に行ってもらったんだけど、1時間の予定が非常に混んでてグッズを買うまで2.5時間かかってしまった。
最初の見積もりからコストアップしてしまう。依頼主に話してお金は払ってもらえそうだけど、こういうトラブルにどう対処するか考えておかないと行けないなと勉強になった。あと、指定された商品が売り切れになっていた。これは契約する前に、在庫がなければ他のを買ってくれって合意していたので対処できた。

あと何回かこういう依頼を受けて問題点を洗い出そう。

新しい依頼

大阪の街を歩いて30分くらいの動画を撮って送って欲しいという依頼が来た。Youtubeで旅行系のページを持っているアメリカ人からの依頼。これも面白そうなので対応したいのだけど、大阪には行けないのでパートナーを探し中。お金を払えば結構対応してくれる人はいそうだけど、お客さんの予算に合わないっぽい。
海外からの依頼だとどうしても値段は高くなるので、多少高くても依頼したいという仕事しか受けられなさそう。ここも課題だな。
対象のユーザーをアッパークラスに絞りつつ、無駄な取引コストをいかに減らすことができるか。いろいろ考えなきゃいけないことがわかって来た。

事業計画書

昨日はMVPの内容を決めるところまで進んだ。MVPとは、Minimum Viable Productの略。本格的に開発に取り掛かる前に、市場での反応をえるために最低限必要な機能を搭載したプロダクトのこと。誰も求めていない製品作りにリソースをかけてしまう失敗を防ぐために、まずMVPを市場にぶつけて仮説を検証する。
MVPに最低限必要な要素を洗い出して、絵を書いてみた。次に進もうと思う。

起業日記:イギリスからの依頼

テストマーケティング

新規の仕事

イギリスからジブリグッズを扱っているドングリ共和国でTシャツを買ってフランスに送って欲しいという依頼が来た。世界は広いな。色々な依頼がある。

取り掛かり中の依頼

大阪の期間限定ショップでグッズを買ってくれという依頼があった。大阪には行けないので、代理で買ってくれる大阪の業者と交渉中。外国の依頼主との交渉もまとまりそうなので受注できそう。
国内パートナーを使う案件2回目。これがうまく行けば家にいながら仕事を受けることができるようになる。ビジネスモデルを考える上で非常に大事なテストマーケティングになる。

クウェートからの、日本のショップに電話して欲しいという依頼は金曜日に電話して解決した。2分くらいの電話で取引終了するので、
こういう仕事が増えるとマーケットとして効率が良くなる。

いろいろ現場から学ぶことが多い。何より海外の困ってる人の問題をコミュニケーションしながら解決してあげるのが楽しい。

事業計画

セグメンテーションのところから進んでいないので、これから考える予定。今日の夜と明日の時間をゆっくり使って構想を練ろうと思う。

明日はスーパー銭湯Macでドヤ顔しながら事業構想を練ろうかな。

起業家マインドについて

ここ3年は企業に所属するビジネスパーソンとして生きて来たけど、起業を本気で考えるようになってマインドを変える必要があると感じている。
自分で事業をやろうと思うとサラリーマンの感覚では病むと思うので、頭のスイッチを切り替えようと思う。
前職では結構有名なベンチャーの社長と商談していて、そっちの世界を覗きかけていたんだけど、あの時代に戻ろうと思う。

起業日記:クウェートから受注した

テストマーケティング

昨日のサウジアラビアからのプロテインを買って送ってくれという依頼は進展がない。

クウェートから、自動車の部品を輸入したいけど日本のショップに連絡がつかないから代わりに電話してくれという依頼が来て、早速受注できた。今日電話する予定。

これで受注6件目。12月までに10件の受注という目標は達成できそうだな。

事業計画書

進捗率15%。

参入する市場の現在の市場規模と3年後の市場規模の算出まで終わった。次は市場をセグメンテーションしてどこを狙うか明確にするフェーズ。考えることと調べることが多いけど楽しい。

引き続き続けよう。今月中に第一稿としてまとめてしまいたいな。

では。

起業日記:市場調査中

テストマーケティング進捗

サウジアラビアからプロテインを買って送ってくれとの依頼が来た。商談中。

事業計画書

狙っている市場規模の調査をしている。実際数字で事業計画を見てみると、狙っている市場の一つが小さすぎたり、逆に大きすぎて競合がいっぱいいたりして、いろいろ難しい。

いきなりバシッと狙っている市場規模が明確になることはないと思うので、今日明日くらいで仮説を作ってあとは情報を仕入れながら検証していこうと思う。

起業日記:フランスからの依頼

テストマーケティングの件

昨日の新しい依頼はフランス人から、荷物を日本で受け取ってフランスに送ってくれというものだった。これも受注できそう。

昨日連絡が取れなくなっていたコミケに参加して買い物して欲しいとの依頼は無事に連絡が取れてお金もPaypalで振り込んでもらえた。
私からも日本の何でも屋さん的な人に発注したので、あとは商品が手元に届くのを待って、先方に送れば完了。これも受注までできた。

事業計画書の件

StartDashを使って事業計画書に必要な項目を一つずつ考えている。事業計画を考える上で必要な視点を示してくれるので自分の考えが深まるし、集める情報の精度も上がってくる。非常に助かる。

資金調達の方法なんかも考え始めた。コロナ後は会社コミュニティの中にしかいなかったけど、スタートアップコミュニティに徐々に入り込もうと思う。

やる気が出て来て楽しくなって来た。

起業日記:ソニーの事業化支援Webアプリ StartDashを使い始めた

海外との仕事

①ドイツのお客さん
商品を国際郵便で発送した。無事にたどり着けば取引終了となる。

アメリカからのコミケ買い物代行
日本で買い物代行してくれる人を見つけたので、その費用なんかを連絡したところ返信がなくなった。予算に合わなかったのか。とりあえず連絡待つしかない。

インドネシアからの漫画投稿の依頼
5つの出版社に漫画を持ち込んであげた。2社から返信が来たが、残り3社からはまだ来ない。日本語のメールを英語に訳してあげれば終了。

事業計画書を作り始めた

市場調査と並行して事業計画書を作り始めた。Sonyが提供しているStartDashというWebアプリを発見した。

新事業を考える時に必要なフレームワークが載ってて、質問に答えていくことで事業計画書が勝手にできてくる。考えを整理するのに使えて便利。

sony-startup-acceleration-program.com

私も昔こういうフレームワークを作ってそれに回答していくだけでアイデアの整理ができたりするアプリを作りたいと考えていたことがあったんだけど、ようやくSonyが私に追いついてきた。

一旦事業計画書を書いてみて、ここから詳細を詰めていこうと思う。

やってると楽しくて、モチベーションが上がってきた。本気でチャレンジしよう。

こんな記事も書いてるよ!